グッチとチームラボによる新作「Infinity of Flowers」を公開

猪子寿之氏が率いるウルトラテクノロジー集団 チームラボはグッチとコラボレーションし、グッチ新宿3階のイベントスペースにて、9日28日(日)まで新作のメディアアート「Infinity of Flowers」を展示する。
1966年、グッチはモナコ大公妃のグレース・ケリーの依頼に応じ、花、植物と昆虫をフィーチャーしたボタニカルパターン「Flora(フローラ) 」をデザインし、グレースに贈る特別な一枚のシルクスカーフを制作した。【GUCCI】新作 ハンドバッグそして2005年、当時アクセサリーのクリエイティブ・ディレクターであった フリーダ・ジャンニーニは、クールズコレクションのバッグに「フローラ」を復活し、このアイコニックなパターンを現代的な解釈で再び大ヒットさせた。現在でも多数のアイテムに取り込み、ブランドの永遠のシンボルとして知られている。
チームラボは、そんな象徴的な「フローラ」をモチーフにしたインスタレーションを制作した。幻想的な音楽が流れる暗闇の空間に、高さ2.6メートル、幅24メートルの巨大なスクリーンを設置し、美しい花々の映像を無限に映し出す。およそ4ヶ月の制作期間で作り上げたこの作品は、鑑賞者がタッチパネルになっているスクリーンに触ると花の動きが変化するという参加型のメディアアートとなっている。咲き、散り、そしてまた芽生える花々が無限に変容し続け、「生」と「死」の繰り返しを花々の生命の営みを通じて表現した。2度と同じシーンが現れない、自分の仕草に呼応する瞬間を楽しめる、不思議な体験が本作の魅力だ。また、新宿通りに面した8メートルにおよぶウィンドウにもチームラボによる花をモチーフにした作品が展示されている。
猪子寿之氏は作品について、「グッチの伝統的なモチーフである美しい『フローラ』からインスピレーションをうけて、そのモチーフとともに、作品の中にある花のパターンが永遠に続くようなものを作れた。 ブランドバッグ|グッチ|中古品の通販ならネガティブなものなどをすべてを含めて、生命そのものは美しいということを見る人びとに伝えたいです」とコメントしている。

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com 徽标

您正在使用您的 WordPress.com 账号评论。 注销 /  更改 )

Twitter picture

您正在使用您的 Twitter 账号评论。 注销 /  更改 )

Facebook photo

您正在使用您的 Facebook 账号评论。 注销 /  更改 )

Connecting to %s